« ZIGEN水上機の製作 | トップページ | ZIGEN水上機の製作-3 »

2014年3月 2日 (日)

ZIGEN水上機の製作-2

  Pa280005 Pa280006

フロートの底をプランクする時、ねじれたり歪んだりするのは底が上下にRが付いているため、片側から貼っていくと反対側に寄ってしまい歪むときがありますよね。

それを無くすために平らな板に位置にあわせて金具を止めて動かないように固定し、その状態でプランクすると案外簡単で真っ直ぐにプランクすることが出来ます。

ここはいつもの通り木工ボンドです。バルサはあらかじめ貼り合せて繋いでおき、上下に切り離して前と後ろの幅を合わせ、ペーパー仕上げを済ませた上でプランクすればあとは整形するだけです。

 Pa290010 Pa290011

 Pa290012 Pa310013

ここまでは比較的スムースに出来ます。でも6本のフロートを作るのはやっぱり大変ですね。商売じゃないので総て手作業ですから。それでも6本出来上がりました。

出来たといっても底板をプランクしただけですからまだフロートの3分の1位しか進んではいません。でも下側から見るとフロートの形をしているので気分は出来上がりです。

 Pb010014 Pb010015

フロートの底にはチャインをつけます。これはフロートがハンプに入る前に跳ねた水がプロペラや機体に跳ねかえるのを防いだり、離水時の水離れを有効にしたりする効果があります。

材料はホウ材です。本当は軽くてバルサがいいのですが機体が陸に乗り上げたときにフロートの破損を防ぐ目的と3角材なので角が取れてしまうのを防ぐ目的もあります。

 Pb010016 Pb010017

材料が硬いですから先端のRの強い部分を曲げるために一晩先だけ水につけておきます。そしてヒートガンで炙ると簡単に曲がります。

それを瞬間の中粘度で貼り付けるだけです。ここまででフロートの底部分は完成となります。この後底部分に薄いグラスを貼ります。

 Pb070019 Pb070020

このグラスを貼るとフロートは格段に強度が増します。ただしチョット重くなるのが難点ですね。完成重量の予想は一つ270グラムくらいの予想です。

私のフロートは同じ作り方で275グラムです。でも飛行には差し支えありません。離着水ともとても快調です。砂地の陸に乗り上げてもフロートにはほとんど傷が付きません。

 Pb010018_2 Pb100023_2

フロートを上部から見た写真です。これかな支柱を取り付けますが支柱の材料はホームセンターの20×10のホウ材です。取り付け位置は主翼の重心位置にフローとのステップを合わせて支柱の位置を決めます。

|

« ZIGEN水上機の製作 | トップページ | ZIGEN水上機の製作-3 »

ZIGEN水上機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53439/55200056

この記事へのトラックバック一覧です: ZIGEN水上機の製作-2:

« ZIGEN水上機の製作 | トップページ | ZIGEN水上機の製作-3 »