« 今日は秋晴れのいい天気です | トップページ | 二日間とも快晴のラジコン日和 »

2014年9月20日 (土)

ZIGEN水上機の製作-完成

 2 3

 4 7

 8 9

一番厄介なフロートの取り付けです。フロートはステップの位置がちょうど重心付近にあるのが普通です。この機体は前が重くなるので若干ステップ位置は後ろです。

フロート支柱の長さはすでに前後の寸法を測って決めてあります。長さはプロペラが高速回転したときに、水しぶきを巻き上げても機体に水がかからない高さとプロペラの大きさを測って決めました。

取り付けは出来るだけ簡単に取り外しが出来るように,蝶ネジ(4ミリ)1本で工具が要らないように工夫してあります。このような構造でもフロートが外れることはありません。

主翼に近いほうのボルトは3ミリでガイドとして使い穴は3ミリの穴です。入れるときは少々硬いですが、入ってしまえばがっちりと4ミリ蝶ネジで止まります。

 5 6

 10 12

4ミリの蝶ネジを締め付けるときは大きな座金を使い、支柱が全体的に締め付けられるように工夫します。何故かこのときはスプリングワッシャーとかは不要です。

エンジンの振動で蝶ネジが緩む危険が考えられますが今までそのような事故は起きていません。もっとも飛行するたびに点検すればまったく問題なしです。

 13 14

 15 16

先ず主翼を3ミリボルト2本で取り付けた後カバーを付けますが、カバーはマフラーが当たるので邪魔にならない範囲を切り取ってしまいます。

前側に2本のノックが入っていますので主翼を止めた後ガイドに差込みスライドを回して止めるだけです。シンプルいずベストといったところでしょうか。

またカバーの後ろの丸い穴はマフラーの風を抜くためにあけてありますが、このような簡単な構造でもエンジンのオーバーヒートは起きません。

 2p9200018_1 2p9200018_4 

 2p9200018_2 2p9200018_3

最後にフローとの前側についている金具はカーテン掛け用の金具です。穴は10ミリなのでスペーサーを入れて7ミリアルミパイプでフロートが開かないように止めてあります。

フロート支柱の20×10ミリの角材は風で音がでないように翼型に削ってあります。そして支柱の内側にある空気抜きの3ミリアルミパイプは差し込んであるだけです。

塗装が終わって取り付けるときに接着しますが、ここから燃料チューブを差し込んで空気を吹き込み、風呂場で漏れがないか確認する必要があります。これは必ずやらないと飛行中に何処からか水が入って思わぬ事故を招くことがあります。

さて,これで製作は完成です。何しろ自作の水上機、完璧なところは無いですから後は塗装や個人のレベルでいい水上機に仕上げていただければ最高に嬉しいですね。

|

« 今日は秋晴れのいい天気です | トップページ | 二日間とも快晴のラジコン日和 »

ZIGEN水上機」カテゴリの記事

コメント

やっと終わりました。ああしんど。( ´∀`)

投稿: おやじ | 2014年9月21日 (日) 22時22分

お疲れ様でした( ´∀`)

さ、次は何いきましょか( ´∀`)

投稿: みぃ | 2014年9月21日 (日) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53439/57439554

この記事へのトラックバック一覧です: ZIGEN水上機の製作-完成:

« 今日は秋晴れのいい天気です | トップページ | 二日間とも快晴のラジコン日和 »