« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月18日 (土)

猪苗代湖水上機大会-6(今泉さん,001さん提供の画像です)

 Pa190095 Dscf02832

 Dsc_01162 Dsc_01152

 Dsc_01212 Dsc_01232

 Dsc_01242 Dsc_01252

イシちゃんのツインマリーナです。今年も快調に飛行しています。もうすっかり調整は出来ていますからすぐに飛行できると思っていました。

ところがエンジンのスロットルサーボが一つ動きません。いろいろ調べた結果受信機のスロットルコネクターが一つ死んでいました。

すぐに開きチャンネルにコネクターを差し替えて事なきを得ました。以後は写真のように絶好調で飛行です。やはり双発はいい音がしますね。

 Dsc_01342 Dsc_01352

 Dsc_01362 Dsc_01372

 Dsc_01392 Dsc_01402

 Dsc_01442 Dsc_01472

230さんのZIGENです。もうすっかり機体にも慣れて、今年は超低空飛行を何回も繰り返していました。エンジンのパワーがありますのでスタント飛行も出来ます。

 Dscf02862 Dscf02882

 Dscf02892 Dscf02902

会長のエクスプローラ今年も絶好調です。皆さんの飛行機は総て順調に飛行中です。近年では不調で飛行出来ない機体はほとんどありません。

考えてみればこの猪苗代湖へはもう15年以上来ていますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猪苗代湖水上機大会-5(001さん提供の画像です)

 Dsc_00102 Dsc_0009

 Dsc_00262 Dsc_00272

 Dsc_00282 Dsc_00482 

 Dsc_00502 Dsc_00552

ISHIちゃんのコンドル水上機です。今年2年目ですが最好調です。キビキビとした飛行で軽快に飛行します。着水で多少飛び跳ねがありますが、そこは腕でカバー。

風が出て水面に波が立つと飛び跳ねが大きくなります。その場合は飛び跳ねたらすぐに機体を上昇させて着水しないことです。ほとんど2度目の着水でフロートなどを破損させてしまいます。

ISHIちゃんは水上機の経験がながいのでそこはとても上手に対応できます。動画がありませんが下の2枚は飛び跳ねたらすぐに上昇したところです。

 
 Dsc_00132 Dsc_00152
 

 Dsc_00162 Dsc_00202

IMAIさんのフライベィビーです。とても綺麗に作られている機体です。去年も素晴らしい飛行を見せてくれましたが今年も健在です。

水上機設計が完全なのでしょう。離着水は何回やってもまったく不安はありません。もちろん水面が凪なのもありますが、とても綺麗に水面を走ります。

 Dsc_00852 Dsc_00862

 Dsc_00882 Dsc_00912

 Dsc_01562 Dsc_00952

 Dsc_01022 Dsc_01032

OGWさんのツインマリーナです。もう何年も飛行していますので今年も波が静かなので飛行します。双発機の共鳴音は何回聞いてもいいですよね。

エンジンは40ですが音はわりと静かです。エンストさえなければ普通の機体とまったく同じように飛行できます。ロールなんて簡単にできます。

 Dsc_00972 Dsc_00982

 Dsc_00992 Dsc_01002

さて、OKAWさんのカタリナ、昨年も飛行できなかった機体です。今年は条件がいいので飛行できるかな?何しろ真っ直ぐに走らせるのが難しい。

今年は波がないので綺麗に走り出しました。ハンプに入ったところでエレベーターを引く、 とたんに頭上げ、左に傾いてそのまま水面にダウン。

やっぱり難しい。このトイラジコンのような機体、中々手強いです。今年もうまく飛びませんでした。考えられる事として、重心が合っていない。エレベーターのリンケージチェック。電池の容量不足、主翼の取り付けチェック。エレベーターサーボのチェック。

 

まあいろいろ書きましたけど結局難しい飛行機なのです。来年また頑張ってね。・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猪苗代湖水上機大会-3

Pa180030 Pa180031

Pa180032 Pa180034

IMAIさんのカタリナです。電動の完成機です。この機体は結構飛行が難しいのですが、今日は最高の条件ですから離水も何のことはなく正にスゥ~~イと離水。

簡単に飛んじゃいました。本人もびっくり、「いゃ~~もっと難しくて離水に手こずると思ってた」と拍子抜けしたような発言。

何回も確認するように離着水を繰り返していましたがやっと納得したようです。総ては水面の条件にかかっていたのです。このような凪ではまったく不都合は発生しません。

 Pa180029 Pa180035

 Pa180036 Pa180037

この機体も今や定番になっている簡易飛行艇、波があると翼端フロートが波に当たってすぐにくるっと回ってしまい、なかなか離水が難しいのです。

今日は総てが良い条件なので飛行は簡単です。とにかく真っ直ぐに走らせることが出来れば離水します。離水するとすぐにどちらかに傾く習性がありますので其処は気をつけます。

飛んでしまえば後は普通の飛行機となんら変わりはありません。ただし着水は蛙飛びを繰り返す癖がありますので其処だけは気をつけます。

CHOさんはさすがに上手に飛ばしています。水平尾翼を改造して取り外しを簡単にしてあります。垂直尾翼のうえに水平がある機体は難しい問題が多いですから。

 Pa180038 Pa180039

 Pa180075 Pa180040

主翼の上に動力がある飛行艇は重心が高くなるので飛行は難しいですね。上の写真はOO1さんのマッキ、電動です。毎年よく飛んでいます。

今日はCHOさんの飛行艇と同時飛行となりました。なかなかいい感じで飛行中です。電動機ですから飛行時間は短いですが電池を取り替えれば何回でも飛行できるのが電動のよいところです。

 Pa180043 Pa180044

 Pa180045 Pa180046

 Pa180047 Pa180053

会長のエキスプローラです。昨年フロートを変えてから好調となりました。今年も絶好調です。エンジンもYS110なのでパワーがあって離着水はとても綺麗になりました。

SGHさんのCOOです。電動機ですから今日はもう何回も飛行しています。大きな機体ですがとても綺麗に離水します。

フロートが細く長いので水面を走るのがとても綺麗です。よくあるスケール機の飛び跳ねは皆無です。機体は大きいですが電動で、とても力があってきびきびとしてよく飛びます。

 Pa180055 Pa180057

 Pa180060 Pa180062

 Pa180063  Pa180066

私のZIGENです。毎年エンジンが回らず遊覧飛行ばかりです。91ACの古いエンジンはいくら手を掛けても今一息パワーがあがりません。

唯一良い所はエンストはしないということだけです。水上機はエンストするとボートがないと機体の回収ができません。

YS115SやYS110Sはパワーはありますが、どうしてもエンストがあるようでなかなか使う気になりません。調子のいいエンジンが欲しいです。

何方か調子のいいエンジンをお譲りいただけませんか?大きい宙返りやストールをやってみたいです。いよいよ無ければ来年は意を決して115Sを購入するつもりです。

今年はこんなにいい条件なので撮影に回って自分の写真がありません。従って飛行写真は一枚もありませんでした。誰か撮ってくれてないかな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猪苗代湖水上機大会-2

 Pa180002 Pa180010

猪苗代湖に着いたときにはご覧のように今年ももう白鳥が来ていました。気の早い人が記念撮影前に飛行を開始したので、白鳥さんはあわてて飛んでいきました。

それにしても今年の猪苗代湖はとても静かで、我々の飛行会を歓迎するように波穏やかでした。もう何年も来ていますがこんなにいい日に当たるのは何とラッキー。

 Pa180013 Pa180014

 Pa180015 Pa180016

 Pa180018 Pa180017

230さんのZIGENが待ちかねたようにエンジンスタートすると、その横をカメラを積んだリンボーが空撮のため離水していきます。

230さんのZIGENは今年2年目を迎えますが益々快調、YS110Sのエンジンはパワーもあってフロートを付けていてもスタント機の様な余裕飛行を見せてくれます。

 Pa180019 Pa180020

 Pa180021 Pa180026

 Pa180022 Pa180025

CHOさんのカルマートが飛行準備を始めています。この機体はもう何年も猪苗代湖での実績があります。今年も快調に離水していきました。

続いてその脇を音もしないで離水していく機体がありました。とても大きい飛行機です。
COOと言う機体ですがとても大きいです。SGHさんの機体です。

しかも電動ですからとても静か、ほとんど音もなく離水しました。上空で聞こえるのはプロペラの回転音だけでパワーも充分あって何もいうことがありません。             水上機もこれからは電動が良いなぁ・・・。

 Pa180026 Pa180028

 Pa180027 Pa180047

何回離着水をしてもエンジン音がないのでとても不思議な感じです。フロートも細長くて水の抵抗が少なくてプロペラの回転を上げるとすぐにハンプに入ります。

電動の水上機はとても魅力的です。これからはますます増えると思いました。来年はきっと電動の機体がまた増えるかもしれません。楽しみがまた増えました。
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猪苗代湖水上機大会

 Pa1800122_2

今年も猪苗代湖水上機遠征飛行会が10月18日~19日の二日間開催されました。年々参加者は増加傾向にあり、今年は11名の参加で機体の数は何と18機。

撮影時間内には組み立てられない機体もあって大会は盛り上がりを見せました。しかも今年は最高の天気に恵まれて、何と二日間ともベタ凪で休む暇もないほど飛行に専念できました。

飛行が忙しくて写真は175枚しか撮ることが出来ず、ブログを飾る写真はあまり多くないと言う情けなさ。「写真を撮るより飛ばしたい・・・・」とばかり湖面は3機から4機も飛び回っていました。しかも電動機が増えて静かな飛行になったのも今の流れかもしれません。

ブログの更新も歳と共にだんだん億劫になってきたのも正直なところです。これから徐々に更新しますので暇なときに覗いてください。

  Pa180003  Pa180001

18日の朝9時10分頃の猪苗代湖です。風もなく素晴らしい凪です。こんな良い日に当たったのも何年振りでしょうか、皆さん、はやる気持ちを抑えて準備にかかります。

  Pa180006  Pa180004

  Pa180005  Pa180007

 Pa180009 Pa190092

 Pa190093 Pa190094

 Pa190095 Pa190096

 Pa190097 Pa190099

 Pa190100 Pa190102

 Pa190103 Pa190104

 Pa190105 Pa190106

 Pa190107 Pa180008

いゃ~~全員写っていませんが朝の飛行準備はめいめい大忙しです。今年は新作があんまり目に付きませんが、新しい飛行機もありますよ。

写真の撮り方に計画性がありませんが、スナップ写真と思って笑ってみてください。
一番下の右の写真は丘の上に設置された風力発電のようです。しかし今日はまったく回転していません。

猪苗代湖もこんなに風のない日があるとは驚きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »