« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月28日 (日)

今年最後の日曜日

 Pc280001_2

 Pc280002 Pc280004

な・・・なんだ

今年フロートをはいて水上機遠征飛行会に参加していたデサフィオが陸上機で飛行場にいるではないか。

見るとフロートに代わって車輪が付いている。飛行を見せてもらったが、まさしく陸上機そのものの飛行でまったく違和感がない。それもその筈もともと陸上機なのだから。

風もない寒い1日でしたが、楽しそうに飛ばしていました。

 Pc280006 Pc280007

230さんのレジエンド、相変わらず新作です。本日初飛行かと思ったら、すでに初飛行は済んでいますが自作飛行機の最後の機体です。

キットから製作したものですが機体はアディクション、塗装も自分塗装です。ピカピカのつるつるです。

 Pc280009 Pc280010_2


 Pc280011 Pc280012

さて、日曜日はとても寒い1日でしたね。230さんの可愛らしい湯沸かし器を紹介します。この小さいガスボンベで1リットルの水がわずか4分で沸かせます。

風除けはまるで屏風のように可愛いです。ポットもお洒落な1リットル用。4番画像はそのガスコンロが収納されたボックスとガスボンベ。何とコンパクトな姿。

おまけにテーブルも可愛いでしょ。まるでままごと用品みたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月21日 (日)

今年もいよいよ後数日で終焉を迎えます

 Pc210050_2 Pc210051

 Pc210053 Pc210054

今日はOGW2さんの(疾風)を紹介します。暫く振りで飛行場に姿を見せた(疾風)です。     やっぱりたまにはスケール機もいいものです。

今年の検定会も終わって皆さんチョット一息と言うところでしょうか。そんなときにはスケール機で気分を変えるのも悪くないと思います。

 Pc210063 Pc210064

 Pc210065 Pc210066

 Pc210071 Pc210073

YS91エンジンは絶好調。私のエンジンとは大違いでパワーは充分、カッコいいでしょう。スケール機は大好きですね。この大きさでゼロ戦が欲しくなりました。

OGW2さんは飛行も慣れていて着陸はメインギヤで着地、暫く走って尾輪が付くと言う見事な着陸を見せてくれました。(拍手、拍手)

たくさんの着陸を見てますがこのような着陸は大型機でないと出来ませんから相当慣れていると思いますね。私の63のゼロ戦でも出来ますよ。

 Pc140019 Pc140020

 Pc140023 P6300038

昨年の6月にアクシデント発生、4番画像のように胴体主翼の付け根あたりから折れてしまった機体、製作者の手術によって見事に生還しました。

3番画像見ればその素晴らしい手術の成果がわかると言うもの。胴体の裏も表もまったく修理の跡は判りません。凄い技術です。

今日は慎重にチェックして飛行本番の準備をしていました。

 Pc140024 Pc140035

このあと飛行しましたがまったく以前と同じ飛行を見せてくれました。これからは今まで以上に可愛く感じることでしょう。大事にしてください。

 Pc140025 Pc140026

 Pc140027 Pc140028

えびちゃんのアクシオーム、最近はあまり見かけなくなりました。今日は暫く振りの飛行です。結構難しそうな飛行機ですが上手に飛ばしていました。

 Pc210056 Pc210057

 Pc210058 Pc210059

 Pc210060 Pc210061

ZIGENスーパー、フルサイズの飛行は9ヶ月振りくらいです。飛ばせるかどうか不安でした。今日はみぃちゃんが飛行場に出席していましたので安心して準備しました。

みぃちゃんが飛行調整したあと変わって私が3分ほど飛ばしましたが生憎エンスト、すぐに降ろしましたがマウントのボルトが緩んでいました。

 Pc140032 Pc140033

OGWさんのエクスカリバーです。とてもいい飛行をしていました。回りはすごい完成機ばかりです。私のレベルではもうF3Aの飛行は無理なようです。

少し飛行機になれたらもう一度挑戦してみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 7日 (日)

アキュラシー(秋らしい・・紅葉)

 Pc070011

飛行場へすっかりご無沙汰している間に飛行場の機体も変わっていました。これはSGWさんのacuracyです。おろしてからまだ20フライトくらいの新機だそうです。

 Pc070010_2

もちろん電動機です。構造的に胴体の上部がパックリと開くのは不思議ではありません。

 Pc070012

高級機は素晴らしい構造になりました。中はガランとしていてほとんど何もありません。モーターはOSのギヤダウン、大きなペラを回します。

 Pc070013

電池を入れるスペースもたっぷり余裕があってとても扱いやすい感じがします。

 Pc070014

胴体の後ろを見ても空き家ばかりでメンテナンスに不自由はありません。この材料は何を使っているのか私には気になるところです。

 Pc070015

水平尾翼、垂直尾翼、どれをとっても最先端の設計を取り込んでいます。

 Pc070016_2

デザイン文字も素晴らしい。まったく非のうちどころがありません。(ため息・・・)

 Pc070017_2

デザインも最高で飛ばすのがもったいないくらいです。(飾って置きたい・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »