« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月27日 (日)

飛行場その後の情報--2

  P92700612  P92700632
 
  P92700642  P92700652
  飛行場はご覧のように綺麗になりました。綺麗になったと云うよりヘドロが固まったところで、トンボで地ならしをしただけです。
この広い飛行場を地ならしをするのはとても大変で大勢の人が協力しても、朝9時から午後一杯までかかりました。
 
 P92700602
 
当日協力した地ならし隊です。会長から協力の感謝挨拶が述べられているところです。
芝はヘドロの下ですが、この状態で天気が続けば来週の日曜日には飛行可能かもしれません。期待しましょう。
会長の呼びかけに協力してくださった皆さん有難うございました。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月19日 (土)

飛行場その後の情報

 Dsc_0338_1
 Dsc_0339
飛行場その後の情報がクラブ員から入ってきました。前回はまだ滑走路にはヘドロがたまって水が残っていましたが、本日土曜日午前10時現在ではご覧のように水は引けましたがあの綺麗な芝生は跡形もなくヘドロ一色となっています。
一生懸命に養生してきた飛行場も自然災害には抵抗することはできません。回復には自然回復を待つしかありません。
乾いた後、芝が顔を出すまではかなりの時間が必要だと思います。ただしヘドロの層が厚くて芝が窒息してしまえば、新規まき直しになるかもしれません。
 
  Dsc_0340
 
 Dsc_0341
  Dsc_0342_2
 
まったくひどい状態です。ヘドロの厚さは5センチ以上ありそうです。乾いてひび割れするとヘドロを剥がして片付けないと芝が死んでしまう可能性があります。
それでもアップされた画像を見るとひび割れの隙間から芝が顔を出し始めているのが見えます。良いほうに解釈すれば芝は強くてヘドロを持ち上げて出てくるかもしれません。
何はともあれ天気が続けばもう少し回復の兆しが見えてくるかも知れません。次の情報を
心待ちにしています。
 
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年9月13日 (日)

飛行場は完全に水没です

 Dsc_0337

今回の台風による大水害は史上初めてと言われるほどの大被害をもたらしました。テレビを見ているのが辛い毎日です。

堤防の決壊で水が町に流れ込む有様は、2011.3.11の東北大震災の津波のときと重なって見えました。自然が起こす災害は誠に恐ろしいものです。

利根川の野田市付近はご覧のようにもう少しで危険境界線を越えるところでした。この写真はクラブ員が土手の上から写した3日目の写真です。

まだ滑走路には水が溜まっていて、人が入れるまでには少なくても今後2週間は掛かるはずです。多分利根川水域の飛行場は総てこのような状態だと推察できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 6日 (日)

今週は秋の長雨に入ってしまいました

 P9060009

今週も雨で、なかなか安定した日和にはなりませんでした。今日もどんより曇った日曜日です。午後からは又雨予報なので今日の230さんはゼロ戦でお遊びです。

 P9060010

新しいメカが出ましたが早速230さんが購入しました。操作性はすこぶる簡単でとても使いやすいとの話です。最近のメカはよくなったことは事実ですが、私にとってはマニュアルを見てもなかなか理解が出来ないところがあります。

いろいろな操作が出来るようになった事はとても良いことですが、それに比例してメカトラブルも増えてきそうな気がします。私はやっぱりシンプル、イズ、ベストですね。

 P9060003

新しいメカのテストでゼロ戦を飛ばしていましたがなかなかいい感じで飛行していました。4サイクルのYS91エンジンでパワーは充分です。低速安定もバッチリ。

230さんが飛ばすとゼロ戦もスタント機に早代わり、ロールもバレルロールではなくてダウンを効かせた水平ロール。宙返りは四角。イヤハヤ可哀想なゼロ戦でした。

 P9060006  P90600082

こうやって写してみるとスケール感はマルタカやテトラのキット製作には及びませんが、飛行は、まずまずです。今日は230さんがゼロ戦を持ってきているのであれば、私も持参したかったです。

最近ではあまりイベント飛行会がありませんので、スケール機の編隊飛行も随分ご無沙汰です。クラブにはゼロ戦が4機以上はある筈です。

 P9060012

会長が何やら主翼を外しています。近寄ってみるとサーボの取替えをしていました。エンジンコントロールのサーボに不具合が発生して、交換しているようです。

上級組はサーボまで予備を持参しているとは誠に恐れ入りました。実際飛行場では何が起きるか分かりませんので、至極当たり前のことかもしれませんが?

ここまで考えていると工具箱以外に、パーツボックスが別途必要になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »