« 猪苗代湖水上機飛行会181013 | トップページ | 暖かくて風のない日曜日 »

2018年10月21日 (日)

JUN25SR搭載、ZIGEN25飛ばしました

 Pic_0510

 Pic_0512

 Pic_0513 Pic_0516

今年はじめにZIGEN25の製作にかかり、6月にクラブの仲間に塗装して貰いました。そもそも何故こんな機体を製作したのか?と言えば昨年航空ページェントに行き25エンジンを二人が購入したことから始まります。

この手の製作キットは各メーカーがいろいろ出していますが中々気に入ったものがなくて、半分冗談で「ZIGEN25を作ろうか」なんて言ったのが始まりでした。

言っては見たものの簡単な話ではなくて、絵も書かなくてはならないし、面倒な話になってしまいました。いつもどうりスケッチを見せると、「いいねー」なんて声につられ。

言いだしっぺなので作ることに決定。其れからが大変。6月に2機出来上がり相棒が塗りを担当、つい先日初飛行を迎えたと言うわけなんです。

 Pic_0536

 Pic_0535_2

 Pic_0540

 Pic_0539

初飛行が終り、機体の重量を測定。胴体が1152g、主翼が318g、合計1470gでした。軽いせいもあって飛行は比較的パワー不足は感じず割と軽快に飛行しました。

サイズは胴体、主翼とも1200ミリです。ミニサーボ仕様ですから耐久性が気にはなります。まあ安いサーボですから取替えも楽ですね。

飛行したのはベテランのみぃちゃんですから。私も飛ばしてみましたが中々みぃちゃんのように上手く飛びません。それでもなんとなくいい感じで飛行は出来ました。

エンジンが気になるところですが、メーカーはJUN25SR、2タンクのブレークインのあと飛行しましたが、これが何と素晴らしいパワーでスローもばっちり。

みぃちゃんの手にかかった機体はなんとF3Aを見せてくれます。「楽しい飛行機だね。」なんて言いながら7分ほどの飛行を終えると、エアーブレーキを利かして目の前に着陸。飛行写真がありませんが、スナップがありますので掲示します。

 1540381768975

ただいま2タンク目のブレークイン中、このエンジンはピストンとライナーの組み合わせがとても精密に出来ていますね。ピストンの上支点ではミクロン寸法の硬めになっており、手で回しても硬くて止まってしまいます。

まずプラグをつけない状態で、クロッツオイルをプラグ穴より数滴入れた後、手で回し、回るようになったら、今度はスターターで回します。

軽くなったらプラグをつけて燃料をいれエンジンを掛けます。勿論止まらない程度の濃さで回すことから始めればまず失敗はありません。

その後は他のエンジンと同じように扱えば素晴らしいパワーを発揮します。私のプロペラのサイズはAPCの9×6です。スローも2500回転位でしょうか。このパワーはキャブレーターの大きさを見れば頷けます。

文句ない低速で安定しています。しかも永久メンテナンスを推奨していますからこんな素晴らしいエンジンは、他のメーカーにはありません。今年のページェントで又あれば購入したいと思っています。

 Pic_0518 Pic_0520

 Pic_0521_2 Pic_0522

 Pic_0523 Pic_0524

 Pic_0526 Pic_0533

まあ手前味噌になってしまいましたがお許しください。クラブ員が興味津々で見つめる中、初飛行が行われましたが駄目だしが1~2箇所ありましたが概ね成功しました。

壊れないでいれば今後もお知らせ出来ると思っています。有難うございました。

|

« 猪苗代湖水上機飛行会181013 | トップページ | 暖かくて風のない日曜日 »

ラジコン情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53439/74463828

この記事へのトラックバック一覧です: JUN25SR搭載、ZIGEN25飛ばしました:

« 猪苗代湖水上機飛行会181013 | トップページ | 暖かくて風のない日曜日 »