花散策

2016年7月27日 (水)

古代蓮の里「行田」

  P7270006_2

4年ぶりで古代蓮の里へ行ってきました。8月の上旬ごろまでは見ごろが続くとありますが現在の開花状況はほぼ90パーセントです。

行田市の天然記念物指定となっていますのでよく手入れをされておりいつでも綺麗に見ることが出来ます。昔から蓮は朝早く咲いて早いものは午前中から散り始めるそうです。

 P7270001 P7270002

 P7270003 P7270004

 P7270005 P7270007

 P7270009 P7270010

 P7270011 P7270012

 P7270013 P7270014

 Img0012

園内には40種類の蓮がありますがとても区別はつきません。ただ花としてはとても大柄で見た目は迫力がありますね。園内はかなり広いので散歩には最適です。

 P7270016 P7270017

広い園内には高い展望台があり、エレベーターで上がると眼下にはあの有名な(田んぼアート」があります。これは必見です。

 P7270018 P7270019 

 P7270020 P7270040

 P7270033

 P7270034 P7270035

 P7270036 P7270037

展望台から見下ろす田んぼには昨年ギネス世界記録に認定された田んぼアートが描かれています。今年のテーマはゲームでおなじみの「ドラゴンクエスト」です。

これは品種改良された稲を絵図にあわせて田植えをして色がついているものです。今年の田植え時期には行田の関係者総出で田植えをしたそうですが、大変だった様子が説明書に記されています。

残念なのはガラス張りの展望台から写す写真はバックの影が写りこんで田んぼの正しい撮影が出来ないことです。これは誠に残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月25日 (金)

古河桃まつり

  Img010

今年も古河の桃祭りへ行ってきました。4月5日まで開催されています。ウイークデーなのに凄く混んでいました。駐車場は満杯、暫く誘導されて入ったところは入り口からかなり離れた場所でした。

 P32300822 P32300832

今年も若い桃娘が笑顔で迎えてくれました。カメラを向ける人が多いので私もカメラをお願いすると彼女たちは上手にカメラポーズをとってくれます。

可愛いでしょう、さすがに選ばれた娘さんなのでまさしくプロのモデルです。

 P32300632_2

会場はまさに桃の花が満開です。桃の花には5種類ほどの種類がありますが素人の目にはその判別は殆ど分かりません。

 P32300652_2 P32300662_2

会場の入り口付近では大道芸人の駒回しが観衆を喜ばせていました。2本の竿に紐を繋げた簡単な道具を使い、音楽に合わせて二つの駒を空高く投げ上げたり、くるくる回したり、それは見事な芸で、拍手を浴びていました。

 P32300672_2 P32300682_2

 P32300692_2 P32300702_2

 P32300712_2 P32300722_2

 P32300732 P32300742

桃の花は赤系の色ばかりと思っていましたが、何と白い桃の花があります。説明書きには「関白」とあります。透き通るような純白で、中輪八重咲き花。

又子供たちが喜ぶ顔出し絵板があって写真を撮る子供たちが列を作っていました。帰りには絶対買って帰りたい土産の一覧が張り出されていました。

私もつられてフナの甘露煮を買って帰りました。此処へ来れば必ずと言っていいほど来るたびに買っています。とても美味しいですが価格の高いのが玉に瑕。

 P32300742_2 P32300752

 P32300762 P32300772

 P32300802 P32300812

舞台ではカラオケの真っ最中。和服姿で演歌を大音響で独唱中。何時もながら舞台と屋台が人ごみで大混雑。これもまた祭りの醍醐味と申しますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月26日 (金)

梅まつり

 006_2

今年も大宮第2公園にて梅祭りが開催されています。近いのにあまり行ったことがないので今年は出かけてみました。同時に大陶器市が開催されており、賑わっていました。

梅祭りは2月20から3月8日まで開催中です。

 007 008

 009 010

 013 011_2

梅の種類は良く解りませんが、かなりの種類の梅があります。梅の花びらは小さくて可憐なので、カメラに収めるのは結構難しいです。

花の撮りかたが素人の私にはアングルが定まりません。花の好きな方は是非行って見てください。満開までにはもう少し時間があるようなので、きっといい画像が取れる筈です。

 020 023_3

陶器はものすごい数がありました。どんぶり、土瓶、大皿小皿、醤油差し、湯呑み、急須からコーヒーカップ、傘立てから招き猫まで、いやいや物凄い数に圧倒されます。

特別出費として、人間国宝、日展作家、伝統工芸作家作品も特別展示、そのほかに木工家具や、箸祭り、漆器、金物、果ては九州のうまい物まで時間があっても足りません。

梅を見るよりこっちのほうが混雑していました。多分半日くらいは歩き回ると思います。因みに我が家は、ラーメンどんぶりと、土鍋を買ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月21日 (土)

古河の桃まつり

 P3210045_3 P3210047_2

 P3210051_2 P3210052_2

 P3210056 P3210058

本日は古河の桃まつりへ行ってきました。土曜日なので゛結構人がでていました。会場では熱気球の体験飛行や、大道芸人のパフォーマンスで賑わっていました。

野外舞台では和太鼓の打鳴らす撥の音が晴れ渡った空に響いて観客から盛大な拍手をもらっていました。

 Dsc_0270 Dsc_0272

 Dsc_0275_2 Dsc_0279

 P3210060 P3210062

 P3210063 P3210064

 P3210066 P3210068

 P3210069 P3210070

 P3210071

ところが肝心の桃の花はまだ3分咲きです。今年は寒かったので多分遅れているのだと思います。来週の日曜日にはもっと咲いて綺麗になっているのかも。

桃娘は毎年可愛い綺麗な娘さんが選ばれていますね。今回はチョット目を瞑ってしまいました。残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月26日 (火)

森林公園の紅葉

 Pb260021 Pb260017

森林公園に行ってきました。埼玉県の近場はほとんど紅葉真っ盛りですがなかなか出て歩くのは大変です。今日は暖かい1日の予報なので出かけました。

 Pb260011 Pb260014

 Pb260003 Pb260004
何しろ森林公園は広いので歩くことが出来ないと散策になりません。家内はほとんど歩いて移動が出来ないのでここは園内のバスを利用します。

今真っ盛りの木はモミジ、カエデが主で、イチョウは葉が散りだしています。カエデとモミジは種類が豊富で葉の大きさや葉数の枚数などで呼び名が変わります。

 Pb260008 Pb260006

ものの見事に紅葉していますが写真がピンボケです。だけど色だけは何とかお見せ出来ると思います。綺麗な落ち葉を探して集めてきました。

落ち葉のほとんどは見事に虫に食われていて満足な葉は一枚もありません。落ち葉ですから虫食いが当然ですが虫食いでもかえって自然でいい時もあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月30日 (土)

古河もも祭り

 P3260005 P3260012

今年も古河の「もも祭り」が4月7日まで開催されています。昨年は開花時期に行かれずじまいでした。今年はちょうど満開に合わせて出かけてみました。

天気もよく暖かい日に恵まれて桃の花を堪能してきました。今年も華娘が4人選ばれて和服姿で参加者を楽しませてくれています。

 P3260006 P3260007

ごらんのように満開です。今年は桜とももが一緒に満開です。こんな年は珍しいのかもしれません。桃の花はそんなに香りが強くないので匂いはほとんど感じません。

 P3260016 P3260010

桜もこのとおり満開です。結構人が出ていてやはりお花見気分の人が多いですね。

 P3260022 P3260023

白い桜に混じってチョッと大柄な花の木があります。これは「こぶし」の花だそうです。noteこぶし咲くあの丘北国のnoteそう北国の春ですね。

 P3260019 P3260021

野外舞台ではフラダンスの公開、・・・・遠目に見るとお姉ちゃんばかりと思いきや、昔お姉ちゃんだった人もかなりいました。道理で腰振りが見事なわけです。

 P3260017 P3260018

毎年古河市の特選品を販売して店が並びますがここの名物はなんといっても「フナの甘露煮」でしょう。1箱6匹くらいで千円ですが味はとてもいいですね。

お弁当のおかずにもなりますし、なんといってもこれからはビールのおつまみに最高ですね。わかさぎの甘露煮もあります。こちらもお勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月12日 (火)

つつじヶ丘公園の花菖蒲

 201267_1 201267_3

ここ2週間は土日にいい日に当たらずラジコンは出来ない状態です。風が強かったり雨が降ったりと先ず土日はいい日に当たりません。

無理もありません、いよいよ入梅ですから曇りから雨の日ばかりです。それでも飛行場に近い人はわずかの時間に飛ばしている人もいますが遠い人はなかなか出来ませんね。

そんなわけでラジコンは暫く画像が無いのでつつじヶ丘公園へ行ってきました。ここでは丁度花菖蒲が咲き始めたところで結構賑わっていました。

まだ満開にはチョッと間がありますがそれでも綺麗な菖蒲がたくさん咲いていました。ここは無料ですが手入れがよく行き届いていてとてもいい環境です。

 201267_18 201267

このように花が植えられている真ん中を観賞用の桟橋が作られており、とても近くで花を見ることが出来ます。

平日も結構人が多いのですが、相変わらず後期高齢者ばかり、(自分を含めて)

 201267_4 201267_7

 201267_11 201267_10

 201267_5 201267_12

 201267_13 201267_20

花が植えられている場所は道路を挟んで2箇所ですが チョッと前まではつつじヶ丘公園ではつつじが満開でした。丁度この川の向こう側が公園です。

土日は人がぶつかる位の賑わいを見せる有名な花場所です。つつじが終わったあとはこの菖蒲の鑑賞にこちらに人が移動します。

川には土日に限り遊覧船がありますが矢切の渡しでなく、尾曳きの渡しです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 9日 (月)

権現堂の桜は満開です

 M M_10

 M_14 M_15

権現堂の桜を見に行ってきました。ウイークディだと言うのにこの混雑です。車は駐車場にあふれています。暫く待たされてようやく駐車場に入れました。

明日は雨と風が強いと言うので満開の桜は今日が最後ということもあって混雑したのだと思います。皆さん考え方が一緒なので仕方ありませんね。

おりしも気温は急上昇、20度を超えて暑いくらいです。桜並木の下はご覧のようにご老人(自分も含めて)ばかり、桜の下ではカセットに合わせて任侠舞踊。

結構な人で賑わっていました。権現堂に来たのは5年振りくらいですが相変わらず桜と菜の花のコラボがとても鮮やかでした。

 M_8 M_9

 M_6 M_7

菜の花もこうして見るととても綺麗です。まさに黄色のじゅうたん、とても良い匂いがします。この花畑の中に寝転びたいです。

花好きの家内は綺麗綺麗の連発で動きません。この可憐な花もこのようにたくさん咲いていると確かに綺麗で心が癒されます。

 M_17 M_19

 M_20 M_21

変わったところではこのような桜があります。桜堤の片側にはこのように2000年4月の桜サミットで植えられたたくさんの桜が咲いています。

堤の端から端までたくさん植えられていますが、これは歩かないと見ることが出来ません。まだ見ていない品種もかなりあると思います。

上の桜は真っ白でとても清楚な感じがします。ソメイヨシノや一般の桜はややピンクがかかっていますがこのように真っ白な品種もあるんですね。

反対に紅色が強く桜には見えないような品種もありました。この桜サミットで植えられた桜はそれぞれの都道府県が表記されています。

 M_12 M_13

桜堤を下から見た絵と桜堤から下の菜の花を見た絵を並べて見ました。どちらもそれなりの風情があって楽しい画像です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月21日 (水)

古河の桃祭り(まだ蕾のままです)

 Pic_0146 Pic_0147

古河の桃祭りが3月20からスタートしていますので駄目元で行ってきました。

 Pic_0149 Pic_0151

こちらはまったく蕾も固くて咲くのは4月に入ってからでしょう。駐車料金は取られましたがさすがにまだ咲いていない桃の花では1000円の入場料は取られませんでした。

咲き出すのは多分4月の中ごろでしょう。大勢の人が来ていましたがほとんどが咲いていない木を見てとんぼ帰りをしていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月19日 (月)

まだ梅の花は5分咲きです(森林公園)

 H_17

森林公園の梅はまだご覧のように木によって6分咲きです。今年は寒さが厳しかったのでどの花もこのような状態ですね。

 H_13 H_14

梅の種類によっては8分ほど咲いているものもありますが、全体では概ねまだ5分咲きと言ったところでしょうか。この日は寒くて防寒コートが必要なほどでした。

 H_23 H_24

白い梅はかなり咲いていました、ほのかな梅の香りがいっぱいに広がって見物者を和ませてくれます。花好きな家内は大変ご満悦でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)