ラジコン情報

2018年1月14日 (日)

新年初飛行会

 P1140026

新年初飛行会が1月14日に開催され16名の会員が集まり今年1年の安全飛行を祈願した後、楽しいゲーム飛行が開催されました。

 P1140004 P1140006

海老原会長の新年挨拶後、滑走路お立ち台に全員集合して安全祈願をいたしました。今朝の気温は4度、飛行場は7度くらいの気温でしたが、全員寒さにもめげず気合を入れていました。

 P1140008 P1140009

今は電波障害で機体が落ちることはありませんが、それでもメカ積みの不具合やセッテングのミス等で機体を破損させることがあります。

私も指の不具合で(笑)スティックが思うように動かず、失敗することがありました。今年はそんな失敗がないようにしたいと思いますが、年々寄せてくる老いにはどうしようもなく、あと1年、あと1年の年契約になっています。

 P1140012

さて、話は変わって今年の新しいニュースをご紹介いたします。OGW2さんの新機お披露目です。西岡製のSUCCECCです。とても綺麗な新しい機体です。

今年はラジコン1本で頑張る年にすると言っていましたが、その言葉通りこの機体で練習を開始するようです。誠に羨ましいですね。

早速飛行するのかと思いきや、電動機なので取り扱いがまだ出来ません。そこで我がクラブ電動師が送信機のセッテングをするということでのお披露目でした。

電動機は私もさっぱり分かりません。何しろエンジンのようにスロットルが単純ではありません。かなり細かい送信機の調整が必要で、セットしても又飛行してみないと自分にあったスティック状態にするための微調整が必要でなかなか難しいようです。

おまけに電池と機体のコネクターのサイズが合わず、電池がそのまま繋がりません。従って調整が済んでも飛行は出来ないことが判明。

 P1140017

この表情をご覧あれ、満足な宝物を得たような、童心に返ったような、何と言いますか日ごろあまり見かけない嬉しそうな顔ではありませんか(*^-^)

う~~ん、私も欲しい、こんな良いものでなくてもいいから・・・なんて思っちゃいました。

  P1140028

  P1140027


そうそう、忘れていました。定点着陸で1等から3等までの勝利者は上の3名でした。OGW2さんは何等が当たったのでしょうか?

この楽しそうな笑顔はきっと上位入賞でしょう。かくして1日は終わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月10日 (日)

飛行場整備完了後の飛行はどうなった

 Pc030124 Pc030125

 Pc030127 Pc030134

 Pc030135 Pc030136

飛行場の整備が終わってどうにか飛行できる状態になりました。まだ芝がヘドロの下なので離着陸はタイヤにヘドロが絡まって走りが悪く、スパッツに泥が詰まってタイヤが回りません。

久しぶりに姿を見せたOGW2さん、今年は業務が多忙でほとんど1年間は飛行していませんでした。にもかかわらず飛行はブランクを感じさせません。

「来年は又ラジコンに戻れそうです」と言いながら寒さにもめげずに飛行していました。

 Pc030129 Pc030128

 Pc030130 Pb260112

こちらはOGWさんの電動コルセアです。初飛行とあって慎重なチェック。いざ出発--- しかし離陸してすぐに草むらへ不時着。どうやらエルロントリムが合っていなかったようです。残念でした。次のいい飛行を期待しましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月19日 (日)

ヘドロが積もった飛行場の整備

 001_3 002_3

 003_2 004_2

 005_2 006_2

 007_2 008_2

 010_2 009_2

 011_2 012_2

 013_2 015_2

 021_2 027_2

水没した飛行場の整備を実施いたしました。ラインで紹介されたように飛行場左側の低地に流れ着いて溜まった草を取り除きましたが結構大変な仕事でした。

ご覧のように皆さん一致協力の下に草の塊は1時間半位で取り除くことが出来ました。私は何も出来ませんでしたが、皆さんはまるで指示された予定のように動いてスコップをまるで受け付けない雑草の塊を金の熊手を使ってぐんぐんと取り除いていきました。

一通り取り除いたところで役員から打ち合わせがあって、草刈機に熊手を取り付けた速成のトンボで表面のヘドロをかきとりました。

 031_2 033_2

 034_2 035

 036 037

 038 040

 041_2 043

実は今一つ飛行場南側に草の塊がありました。これも片付けたものと同じように流れ着いた物です。CHOさんの一声でこれも見事に片付けました。

そして草刈機を使って削ったヘドロはトンボを使って地ならしをしましたが、何せ細かい粉塵で風で舞い上がり皆さんのマスクは真っ黒になっていました。

ヘドロに埋まったお立ち台は掘り起こして高くし、新たに踏み固めて高さ調節をいたしました。終了後に小さい飛行機を飛ばしましたが着陸はタイヤが転がらずにとんぼ返りをしていましたので、しばらくは雨で固まったほうが良いと思います。

 045_3

頑張ってくださった皆さんです。心から感謝申し上げます。どうも有り難う御座いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月24日 (日)

冬入り前の暖かいポカポカ陽気

 P8200018 P8200019_4

 P8060008 P8060009

 P8200020 P8200021_2

この画像は8月20日に撮影したものです。フルサイズの電動機を飛行しているのはKOIZさんです。購入したばかりで飛行はまだ初期段階。

チョット自分のイメージにはまだのようでこれから徐々に慣らし飛行に入るでしょう。

 P9240068

 P9030015_2

またもや230さんの新作、ムスタング、下の画像はCHOさんのムスタング、同じメーカーの機体のようですが下は電動機、230さんの機体はYS91エンジン機。

 P9240062 P9240064

 P9240066 P9240067

 P9240049 P9240050

 P9240051 P9240052

YSエンジンはやはりパワーがあってこんなスケール機もらくらく飛んでくれます、と言いながら離陸、なんと滑走もないままいきなり離陸、あっという間に左の草むらに突っ込む。

慌てて駆け込む見ていた皆さん。幸いやわらかい草が受けてくれ何事もなく無傷でした。

なんとしたことでしょう、機速がないうちに離陸したため、と、言うよりエレベータートリムがアップオーバーになっていたことと、エルロントリムが左オーバーになっていたために起きた確認不足。

 P9240056 P9240057

 P9240058 P9240074

 P9240075 P9240072

 P9240071

気を取り直して2回目の飛行、今度もやや早い離陸、急上昇かな?上空に上がっても機体に振り回されています。SGWさんが急いで駆け寄り飛行中の機体トリムを調整。

やっと穏やかな飛行になりヤレヤレ。飛行が終わったムスタングはそれはそれは見事な着陸でした。着地はメインギヤの音もなく、まさにす----と「えっー」思うような着陸でした。まさに100点満点。

私も飛燕を飛ばしていますが今まで着陸は100点が出ていません。飛んだり跳ねたりあごを突いたり上手く降りても60点くらいかな?

まぁそんなわけで初飛行は減点はあったけど大成功、ただしあとのメンテとしてダウンスラストの修正とかメインギヤーの微調整とか各舵の細かい手直しが必要です。

 P8060011 P8060012

CHOさんのムスタングはすでに初飛行が終わっていますので今度は2機同時飛行が見られるかもしれません。とても楽しみです。CHOさん、230さんよろしくね。

 P9240079 P9240080

 P9240078 P9240083

 P9240085 P9240088

自分の写真はあまり気が進みませんが、折角TAMUさんが写してくれたものですから掲載します。何時もながらカメラワークは素晴らしいものがありのすね。

いつもいい写真を撮ってくれます。今ではすっかりじいちゃんスタイルになりましたが、まだまだ飛行は続けられそうです。TAMUさん、これからもよろしくお願いしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 3日 (日)

久々の更新です、よく集まりました

 P9030011 P9030011_2

 P8060013 P9030012

 P9030017 P9030018

 P9030021 P9030022

台風15号がうろうろしていましたが、本日やっと北へ抜けてくれました。台風一過ではないですが、風もなく素晴らしい1日となりました。

今日は待ちかねたように大勢集まっています。画像はあまり代わり映えがなく何時ものラジコン風景です。

230さんも体調を崩して本日やっと飛行場に顔を見せてくれました。お互いに年をとって年々スタミナが減少していくのがよくわかります。

しかし一旦送信機を持ったら何時も通りのラジコン坊やの顔に変わります。今は昔のように飛行機がトラブルで落ちなくなったので、何年でも同じ飛行機を飛ばすことが出来ます。

 P9030041 P9030043

 P9030044_2 P9030045

 P9030036 P9030038

 P9030039 P9030040

いしちゃんのウルサマジョール、懐かしい機体ですよね。ラジコンといえばこのような機体をぶんぶん飛ばしていましたから。

次はOKAWAさんのアストラル、この機体もとても人気があった名機です。今では少なくなってしまいましたがやはり飛びは素晴らしいものがありますね。

 P9030027 P9030028

 P9030029 P9030030

KUDOさんのスケール機、ノーズギアのステーが割れてしまい舵が効かなくなっていました、応急処置で作成したパーツがなんとか使えたようです。

今日はタキシングも見事によみがえって快調でした。飛行もだいぶよくなって今では安心して飛ばせるようになりました。

ラジコンは小さな部品一つが不良になってもまったく飛行できないこともありますよね。

 P9030031 P9030032

 P9030033 P9030034

今日はどういうわけか、TAMUさんの機体がエンジン不調で何回も部品の交換をしながら飛行をしていましたがやはり不調で飛び上がるとすぐに着陸をしていました。

185CDIもこんなことがあるのでしょうか、何時もの快調さが戻ることを期待してこの項を終わります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

今日の温度は34度5分・超暑いです

 P7090204 P7090217

 P7090218 P7090180

今日は超暑いです。草刈終了してもわずかに4人。この暑さでは飛行場に出向くのも危険と判断したとしたら、ここにいる4人はなんと無謀な面々かな、って思っちゃいます。

500ミリリットルのペットボトル3本と、袋詰めの清涼飲料水1本、計4本の飲み物をクーラーに詰め込んで万全の構え。しかし汗は滴り落ちます。

土手の上り下りは老人には拷問に近いです。一回往復すると20分以上落ち着かないと2回目は行動できません。3回は必要なので飛行までには1時間近くかかります。

こんなにまでして何故君は来るのか、と問われれば皆さんとの交流と飛行リハビリです。スティックが意のままにならなくなればこれがラジコンとの決別の日。それを確かめるのが怖いからかも知れません。

目が利かなくなったり、指先が意思通り動かなくなれば当然飛行機は落ちます。それでラジコンとお別れではあまりにも悲しい。だからなんとしてもその症状が出る前に察知してお別れしたい、というのが本音です。

「そんな上手くいくのか」・・・さぁて、それは自分にも誰にもわからない。

 P7090203 P7090212

 P61101561 P7090185

さて、話は変わって、ゼロ戦が飛行中、「パリッ」という音、慌てて降ろしてみるとなんと。

 P7090186 P7090187

 P7090190 P7090191

主翼の裏側のフィルムが剥げてしまっています。「何じゃこれは、」という事でテープで抑えて再度飛行開始、今度は何事もなく何時もの飛行です。

そんなことで今日は楽しいニュースはありませんがみんな35度の激熱の中孤軍奮闘しているのでありました。

私の画像はTAMさんが写してくれたものです。何時も上手に写してくれます。有難うございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 2日 (日)

飛行場近隣の住宅にご挨拶

 P7020171 P7020173

 P7020172 P7020169

今日は1年に2回、盆暮れの近隣住民へのご挨拶をクラブ員総出で行いました。役員の皆さんは飛行場内の駐機場で打ち合わせを行っているところです。

このあいさつ回りはラジコンに対する情報を集めるのに大変貴重な行事です。何時も物を渡すだけでなく「何かありましたか?」と尋ねることから始まります。

「何もありませんよ」と返してくれることを願って回っています。特に騒音や、危険な行為に関しては一言も聞き漏らすまいと真剣に挨拶回りをしています。

今年も順調に挨拶回りを終えました。特に航空法の改正から会則や飛行規則を遵守して安全飛行することが会員一人ひとりに求められていて皆さんそれを守って飛行しています。

さて、話はいつもに戻ります。今日も230さんが新しい飛行機を持ち込んで初飛行をしています。又なんと変わった機体でしょうか。

それとOGWさんが新しい飛燕をお披露目です。私の機体とまったく同じものですが、塗装は迷彩色でとても精悍な感じに仕上がっていました。

 P7020176 P7020177

 P7020178_2 P7020170_2

まず230さんの機体、2サイクルエンジン搭載でパワーは充分と思いきや機体が大きいせか抵抗があってあまり進みません。まさに遊覧飛行。

おまけに前面がダミーエンジンパネルでふさがれているのでエンジンかオーバーヒート、エンストで着陸。早速パネルを外して穴を開けました。

2回目はエンジンも冷えて快調。パワーもチョット出たようで、宙返りが出来るようになりました。しかし230さんには少し物足りないようでこれからどうしようか悩んでいたようです。

OGWさんの飛燕については残念ながら飛行をじっくり拝見することが出来ませんでした。帰り際に遠くから飛行を拝見しましたが私の機体と同じ飛びをしていたように思います。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月11日 (日)

チョット賑やかな飛行場

 P6110147

 P6110146 P6110149_2

 P6110148 P6110150

 P5210131 P5210138

入梅前の晴れ間に飛行場が賑やかになっています。今日はフルサイズ組が(オールジャパン予選)に出場でお留守です。

集まったのは小型機が多く、風も穏やかで飛行条件は最上です。フルサイズも何機かありますが今日ばかりはまさにサンデーフライヤーの集まりでした。

 P6110141 P6110152_2

 P6110143_2 P6110154

 P6110156

中でも注目したのはアメリカの艦載機、製作は中国だと思いますがよく出来ていますね。主翼も大きくてとても浮きがよさそうです。

電動機ですからスタートは早いです。あっという間に離陸、電動機にしてはものすごいスピード、まるでレーサー機のようにかっとんで行きます。

話を聞くと電池は6セル、通常の仕様は4セル~5セルとのこと、この速さの秘訣は6セルにありました。出力を絞って飛行するとやっとスケールらしいいい飛行になりました。

上級者がよく使う手ですがなれない人が真似をするとチョット危ないですよね。それにアンブやモーターも1クラス上のものを使うので機体によっては積めない物もあるでしょう。

いずれにしても230さんには丁度いい按配で、時にはキビキビ、時には優雅にと、強弱をつけて飛行するにはとても楽しい飛行機ですね。着陸もフラップを使ってとても綺麗に降りてきます。  私のゼロ戦が完成したら同時飛行をやってみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 7日 (日)

本日は夏の陽気です

 P5070068 P5070064

 P5070065 P5070067

 P5070066 

 P5070068_2 P5070069

 P5070070 P5070071

 P5070072 P5070073

 P5070074

今日はまさに夏到来といった感じの晴天で、風はありましたが気温は25度近くあって初夏の陽気、飛行場出勤者の大半は半袖でした。爺さんはその気にあらず。

そして奇遇にもスケール機が4機、フルサイズの皆さんには気になったかもしれませんがこんな日があっても笑って許してください。

でも4機のうち一発で飛行できたのはたった1機のみ、あとはエンジントラブルやらメカトラで飛行に手間取り結局1機だけは飛行不能でした。

中にはエンジンコントロールが効かなくなり燃料切れまで飛行した決死のパイロットがいたこともあり、貴重な時間を使ったことを心からお詫び申し上げます。

同時飛行ができたのは2機だけでしたがスケール機は何かと難しいですね。これからももっと整備に時間をかけて飛行場内での整備はできるだけ無くしたいと思っています。

皆さんご迷惑をおかけしてすみませんでした。今後はできる限り無駄な時間を使わないように自宅で万全の整備を行っていきたいと思っております。(○゚ε゚○)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月16日 (日)

ZIGEN今年初めての飛行

 P4150001 P4150003

 P4150002 P4150005

先日の日曜日に今年初めての第3班草刈を実施致しました。タンポポの草花が意外に伸びが早くて場内は黄色い花で満開状態でした。

堤防の斜面はご覧のように菜の花が満開で駐機場は菜の花の香りに包まれていました。

 P4160010_3 

 P4160011 P4160013

 P4160014 P4160015

 P4160016 P4160018

 P4160019

生憎の風で誰も飛行していなかったので、みぃちゃんにZIGENを飛ばして貰いました。強風の中での飛行。ドキドキしながら見ていましたが、みぃちゃんにとってはそんなに感じない風だったのかもしれません。

お願いして2回飛行していただきました。いやぁ手前味噌になってしまいますがP-17の演技を飛行してもらいましたが、素晴らしい飛行でした。

風をほとんど感じさせないような演技には思わず拍手をしてしまいました。今ではどなたの機体を見ても185CDIが普通ですがこの機体は170DZノーマルです。

しかしパワー不足を感じさせない飛行で、何でこんなによく飛ぶのかと不思議な気がしています。この機体で競技会に出て貰いたいと本気で思ったりしました。(すみません、爺さんの独り言だと思って勘弁してください)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧