機体改造

2011年2月 4日 (金)

フロートの製作取り付け--完

1 1_1 1_2 1_3

フロートの上部をプランクしますがその前に真ん中に5×5のバルサでセンターを合わせておきます。それと同時にフロート開き止めのベニヤも取り付けしておきます。

すべて上部の作業が済んだら2ミリバルサでプランクします。先端と後にはバルサブロックを貼り付けて丸く整形しておきます。これを取り付けてフロートの全長が960位になります。

 K4_1 K4

忘れていましたがフロートの支柱とか開き止めを取り付けた3ミリベニヤの両端には3ミリベニヤの補強を入れておきます。

この補強を入れないと機体が転覆した時に支柱が捥ぎ取られてしまいますので必ず入れるようにしています。これを入れておくと支柱の真ん中で折れたり主翼が剥れるだけで済む事が多いので後の修理が楽です。

 1_5 1_4

フロートの完成はこんな感じになります。まだペーパー仕上げ前ですがこの支柱を両手で持ち力を入れて開いても結構丈夫です。

開き止めはジュラコンから切り出していましたが、先日ホームセンターをブラブラしていましたら6ミリ穴のこんな金具を見つけました。

この穴にアルミパイプを差し込んでみましたら正にぴったりです。早速購入して来ました。これなら軽いし簡単にネジ止めするだけですからお薦めです。材質はアンチモのようでなんかタオル掛けの金具のようですね。

 1_6 1_7 1_8

フロートの仕上げをしてしまいます。ペーパー掛けは結構大変です。バルサの粉が飛んで家の中ではできませんので寒くても外でやります。

近所のおかみさんが「寒いのにお元気ですね~~」と励ましか皮肉か分からないような挨拶をしてくれます。「ははぁ~~相変わらずの馬鹿でして」との呆れた返事。

さてついでにチャインを貼り付けてしまいます。これはバルサの方が簡単ですが先にも話した通り平気で地面に乗り上げる人なので、ここはヒノキの3角材を貼ります。

私もそのような癖があるので同じくヒノ キを貼ってあります。同じ事をしていますが結構丈夫です。ヒノキは硬いですから前の晩に水に先だけ1晩付けておきます。

 1_9_2 1_10

この3角材をガスで炙ると先端だけ簡単に曲がります。その状態で瞬間の中粘度で貼ると押さえるだけで簡単に付きます。

後は角をペーパーで仕上げれば綺麗なチャインが出来上がります。最後はこの上から薄手のグラスを貼ります。これで完璧です。

  1_13 1_12

フロートの取付金具をテープ貼りしてから主翼に合わせて取り付け位置をケガきます。フロートの真ん中で510ミリにセットします。

セット位値を切り取ります。この時リブとリブの位値を待ち針で確認してリブにぶつかるまで切り取ってしまいます。前側は済んでいるのでそのままです。

切り取った後にベニヤリブを2枚づつ合計4枚作りバルサリブに貼り付けます。この時フロートの取り付け台を幅5センチの3ミリベニヤで作っておきます。

 1_15 1_16 1_22 1_23

リブとリブの間を切り取った後にベニヤで作ったリブを2枚づつ入れます。入れた後フロート取り付け台をエポキシで接着します。

 1_24 1_26

接着した後は切り取ったバルサを元通りに戻して接着します。この上にフロートを取り付けることになります。

フロートの取り付け位置を測ってけがいてきます。このフロートの取り付け寸法は515ミリになりました。丁度いい感じです。

 1_27 2

フロートの支柱に取付金具をテープ止めして主翼の取り付け位置にセットしたら穴あけの位値を印してドリルで穴を開けます。

 2_3 2_5

金具を取り付けたところです。この金具は4本ビスで取り付けるとしっかりします。ここまで来ればもう完成したも同じです。

 2_6 2_11 2_13 2_14

フロートを取り付けるとこんな感じになります。後はフロートの開き止めを取り付けて6ミリのアルミパイプを渡してビス止めします。

こうするとフロートはがっちりして少々の高波にも耐えられると思います。最後になりますがフロートの空気抜きをアルミパイプを曲げて瞬間で貼り付けて終りです。

このパイプは塗装が終わってから取り付けましょう。後残りの作業は下側のグラス貼りと胴体ラダーに取り付ける水中舵です。

この仕事は胴体がないので次の機会にします。とりあえずこの項は終わります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月27日 (木)

フロートの製作取り付け--2

 11 17

フロートのプランクを済ませてしまいましょう。下側のプランクが済んだらはみ出ているバルサをざっと整形しておきます。

狂いのない事を確かめたらここで内側を塗装するのですが、今回は飛ばす人が平気で地面に乗り上げる癖のある人なので、塗装でなくレジンを塗ることとしました。

2液のレジンを混ぜたら刷毛で塗れる程度にシンナーで薄めます。それを下面を重点的にむらなく塗ります。乾くまでには一晩掛かりますが乾いてしまえば物凄く丈夫になります。

バルサの補強と水対策の両方が一度に出来ていい方法です。下面外側はフローとが完成してからグラスの薄手を貼りますのでかなり丈夫になります。

 19 21

さて、ここでフロート取り付けの金具を作っておきます。何でも作るのが私の主義なのでこんなものまで作ります。テトラにはフロート取り付けの部品があります。

しかし買ったのではつまらないし、フロートの取り付けはこの金具のほうがずっとやり易いです。前回も同じものを作りました。今回は2組作っておきます。

作り方は前回のデサフィオのときに説明済みですからバックナンバーをご覧下さい。アルミの平板を曲げるだけですから簡単です。

主翼のフロート取り付け位置は前回の説明のように引込み脚の内側になります。今金具を載せてある位置が大体の位置です。

この位置ですとフロートの幅が520ミリ位の位置だと思います。チョット狭いかも分かりませんが水中打の効きは絶対いい筈です。

18 23

説明ばかり先走ってしまい画像が付いて行かずに申し訳ありません。何時も終わってからばかり写しているもので途中過程がどうしても抜けてしまいます。

この画像は引込み脚の内側をフロート台座のために剥がしたところです。右はそこを塞いだ写真です。勿論塞ぐ前にベニヤのリブを切って合わせた上に台座を貼ります。

塗装は本人がするというので仕上げは任すことにしまして、綺麗に仕上げはしておりません。取り付けるだけの作業になります。オーナーさんごめんね。

 25 24

フロートはステップ位置が機体の重心と相場は決っていますが、私の取り付けは何時も気持ち後重心にしています。

その方が水に浮かべた時に機体の後がひどく下がって水中打が水につかりっ放しというのはいただけません。水中打はエンジンを少し吹かすと水に付くというのが好きです。

この機体の場合は取り付け位置ではステップが真ん中付近を予定しています。ただしまだ胴体を預かっていないので重心がどこにあるのか分かりません。

まあ無難なところ真ん中付近という訳です。位置が決ればフロートの支柱を立てますがこの作り方も主翼の形状によって取付金具の立ち上げ角度を合わせなくてはなりません。

フロート上面から主翼の面までの高さはおよそ170ミリ、この高さがあればプロペラの回転で水を巻き上げることも少ないし91クラスの目安です。

 26 27

支柱はホームセンターで購入した10×20×600のホウ材、これを寸法に合わせて切り、取り付け位置と長さが確定した後、取り付けてから角を削って細くします。

丁度主翼の対称翼のように削ります。格好もよくなりますし軽くなりますので絶対に必要な作業です。しかしもう少し後工程になります。

支柱は何時もの通り3ミリベニヤに10×20の穴を開けておきフロートの下側と3ミリベニヤをエポキシで接着します。この時フロートの角度と水平を合わせます。

ここまで来れば後はフロートの上部をプランクして綺麗に整形します。整形がすんだら水面に当たる前側にチャインをつけて水か上に跳ね返らないようにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月25日 (火)

フロートの製作取り付け

 1 2

陸上機の引込み脚付きは最近あまり見ることが出来なくなりましたが、我がクラブでも91クラスの機体を水上機に改造して飛ばす人が増えてきました。

新しく水上機を作るよりも楽で簡単ですから当然と言えばそうなのですが、ただしフロートという奴は結構気難しいものでどの飛行機に取り付けてもよく飛ぶとは限りません。

しかし概ねスタント機は失敗がありません。その場合には胴体にピアノ線や、アルミの平板で取り付けるよりいっそ改造して主翼にフロートを取り付けたほうが有利です。

そんなわけで91クラスの低翼機にフロートを取り付けることにしました。以前デサフィオに取り付けたフローとがありますのでその大きさで作ることにします。

先ず3ミリベニヤにフロートの同枠をケガキます。これを糸鋸で切ります。手作業ですが簡単に切れます。

 3 4

フロートの側板は3mバルサで4枚作ります。この場合同枠が入る箇所に穴を開けておくといちいち線を引かなくても同じものが作れます。

側板に数字が入っていますがこれは重さです。計ってバルサのばらつきを組み合わせで補うものです。

 6 7

図面がないので見られませんが瞬間の低粘度でどんどん組んでいきます。側板に同枠がはいる穴を開けてあるので簡単です。

ここまでは半日あれば出来てしまいます。このフロートの原型はテトラのフロートだったと思います。もう何本も作ったので型だけ残しておきました。

8 9

側板の接着が終わったらフロート下部の真ん中に5ミリバルサでセンター補強材を入れ、その補強材にに2ミリバルサを横目に貼っていきます。

この仕事は瞬間で貼ったのでは曲がった時に修正できませんので、私は何時も木工ボンドで貼っていきます。前側も後ろ側も同じ貼り方です。

同時進行で主翼の引込み脚のタイヤボックスと引込み脚取り付けを塞ぎますが、ここで問題があります。引込み脚の取り付け位置にそのままフロートを取り付けるとフローとが開いた位置になったり、狭い位置になったりします。

この機体の場合は700ミリありましたのでそのまま取り付けるとフロートの幅が広すぎて直進性が悪くなりタッチアンドゴーが難しくなってしまいます。

理想は500ミリか600ミリの範囲がいいので引込み脚の内側に補強材を入れることにしました。そのためには内側を取り付け位置分剥がさなくてはなりません。

12 16

先ずタイヤボックスを塞ぎますが2ミリバルサをお釜の蓋のようにRをつけたバルサに貼り付けておき、主翼のRに合わせます。

ぴったり合ったら瞬間をつけて貼り付けます。貼り付けたら上のバルサを剥がし平らに整形します。この時点では整形もざっとペーパーを掛けて置くだけです。

この作業が終わったら反対側をリブの位置まで剥がします。引込み脚のロットを通す穴が開いていますのでここをベニヤリブを作って埋めておきます。

この埋めたり部に3ミリベニヤを渡してフロートを取り付けますのでしっかり接着しておきます。引込み脚の取り付け位置は2ミリバルサで塞ぐだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月21日 (水)

デサフィオ水上機完成しました

 F9_5

デサフィオ水上機完成しました。本日フロートの取り付け確認し、角度調整、水中舵の長さ調整取り付け確認、フロートの開き止め取り付け、すべて終わりました。

たった一つ残っているのはフロートの空気抜きパイプ取り付けです。今日アルミパイプがなかったので取り付けられませんでした。

 F9_1 F9_2 F9_3 F9_4

結構感じ良くなりました。主翼のバランス調整は錘15グラム貼り付けました。やはりグラスを貼ったのでその分重くなりましたね。

でも飛行には差し支えないと思っています。後はサーボの点検と燃料タンク取り付け確認及び配管のやり直しスイッチ、コード類の点検が残っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月14日 (水)

フロートの製作取り付け--完成

 F5_3 F5_5 F5_2 F5

本日やっとフロートの塗装が終わりました。見ていただければ分かるようにまだ取り付け穴が開いていません。これから金具を取り付けて穴あけをします。

フロートの取り付けは何時ものように3ミリの蝶ネジです。量ってみたら私のフローとより軽く出来上がり一つ280グラムです。私のフロートより50グラムも軽く出来ました。

色付けは気に入ってもらえないかもしれませんが簡単にしました。

 F5_6 F5_7 F5_8 F5_9

金具を取り付けて仮組みしてみました。まだクリヤー前ですが雰囲気は出ています。水中舵がチョット長いかもしれませんね。

もし長かったら現地で切ることにしましょう。重心位置もこの状態で主翼の真ん中ぐらいですからOKです。エンジンをオーバーホールに出すと言っていましたので外しておきましょう。

 F5_12 F5_10 F5_11 F5_13O2_2 2  

O2さんのデサフィオを張って見ました。この機体は既に昨年飛行済みですが飛行性能はとてもよかったと言う印象です。今年はデサフィオが2機になりますか。

フロートの裏はピンク1色です。主翼と同じ色なのでいいと思います。後はクリヤーだけなのでここで終了とします。上手く飛んでくれればいいのですが?

5月22日にテスト飛行が待ってます。飛行結果は又ご報告します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月12日 (月)

フロートの製作取り付け--7

 F3 F3_1

天気がめまぐるしく変わりますね。晴れの間に塗装を済ませるには非常に迷惑な天気です。今日はフロートに絹を貼ります。

下側はグラスを貼ったので丈夫ですから側面と上だけに絹を貼ります。側板は2ミリバルサなので絹を貼っておかないと弱いと思います。

 F3_2 F3_4

機体の絹貼りもそうですがこの作業はやり方によって上手な人とヘタな人は仕上がりが違うようですね。

それは絹貼りの前の下地の状態に大いに関係があります。やはり絹が良く定着するには下地にそれなりの塗料が乗っていないとくっつきません。

軽さを追求するあまり下地が薄いと絹の乗りが悪くなるのです。今回は機体でなくフロートなので下地作業を3回にしました。絹の張り付きは案外いいようです。

 F3_3 F3_17

今回の主翼修理はオーナーから塗装は二次作業で、メイン作業はフロートの取り付け、と言われているので主翼の塗装については仕上がりを気にしなくてもよいと言われています。

したがって塗装は出来る限り部分的な作業としました。グラスを貼った箇所は凹凸を慣らした後、直に色をつけることにします。

先ず白を合わせて一番先に塗ります。この機体を作った人は相当な技術の持ち主で素晴しい仕上がりになっています。白はなんとか色合わせはできますが、オレンジと赤、それに黒のラインまですべてメタリック塗装です。

 F3_21 F3_20

主翼の裏側も塗っていきますがここは単純な柄なので助かっています。天気が晴れている内に作業をどんどん進めていかないと間に合いません。

 F3_22 F3_24

白を塗ったら続いてオレンジ、赤と塗っていきますがすべてメタリックなので色が出ません。色合わせをしてからメタリックのシルバーを入れてもほとんど影響が出ませんね。

メタリックをたくさん入れると今度は色が合わなくなります。やむを得ず色のほうを合わせてメタリックは考えないことにしました。

3色塗ってみると黒のラインまでメタリックなのです。これには塗装ベタの私には大弱り。

F4 F4_6

とりあえず色付けが終り塗っていなかったエルロンのテープを剥がすと、ありゃ・・やっぱりチョット奇妙な感じ、メタリックが効いていないとこんなに感じが違います。

オーナーさんごめんなさい。心の広いオーナーさん笑って許してくれることと思います。

 F4_2 F4_3

主翼の裏側まで塗って今日の作業は終りです。なんとか色付けは終わりましたがこのあとクリヤーを塗る作業は明日以後です。

明日は又天気が悪い、天気次第の状況待ちです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月 7日 (水)

フロートの製作取り付け--6

  F1_20 F1_19

フロートは仮止めして開き止めも位置を決めちゃっておきます。そうすれば塗りあがってからの組み立てが簡単ですから。

支柱の幅は前が後より5ミリくらい狭くなるようにセットしています。まあ同じ幅でもいいのですが気持ち狭くしています、気分の問題かな。

 F2 F2_4

今日は塗り始めたら雨になってしまいました。さっぱり乾きが遅くて仕事にならずここまででおしまい。

クリヤーを塗って軽く砥ぎ、プラサフを塗って終りです。明日はチョット天気が回復しそうなので進むかな。

 F2_5 F2_3

水中舵もここまでです。主翼はプラサフを塗って軽く磨いたところですがまだ白を塗るまでにはなっていません。明日の天気次第ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 6日 (火)

フロートの製作取り付け--5

E13 F1

フロートの取り付けをする前にフロートを完成させなくてはなりません。5月の猪苗代湖までに間に合わせなくてはなりませんのでここからは急ぎます。

先ずフロートに支柱を立てます。この寸法に関しては先に1機同じ改造をしているのでその寸法をそのまま使います。支柱の高さは170ミリです。

 D6_23 E6_9

フロートの支柱受けに使った3ミリベニヤです。又フロートを繋ぐ7ミリアルミパイプが入る開き止めの部品です。ジュラコンで切り出しました。

 F1_2 F1_3 F1_4 F1_6

主翼の修理が終わったのでフロートの取り付けを開始します。フロートを取り付けてしまえばあとは塗装だけですから予測が立ちます。

フロートの取り付け位置をけがきます。ケガいたら取り付け台の寸法通りに切り取ります。切り取ったら取り付け台の3ミリベニヤの裏に5ミリベニヤを貼り付けます。

 F1_8 F1_9

フロート取り付け台を接着したら指定位置に金具をタッピングします。その金具にフロートをテープで巻きつけて仮止めします。これでステップや重心位置、フロート角度、すべてを確認します。

この確認が済めばフロートの支柱に取り付け穴を開けますがこの穴あけは一番後にします。実際に胴体を取り付けてすべてチェックします。

 F1_12 F1_13 F1_15 F1_14

水中舵も今のうちに作っておきます。これは2ミリバルサの3枚貼り合わせです。アルミ板の入るところは貫通しておき高さの調整が出来るようにしておきます。

取り付けは2ミリビス2本です。この取り付け部品を作っておきその大きさにあわせてラダーを切り取ります。切り取った跡にこの部品をぴったりはめ込んで接着すれば終りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 1日 (木)

フロートの製作取り付け--4

E12_1 E12_2

グラスが乾いたので荒削りをします。これだけがっちり貼れば強度的には問題ないと思いますが少々重量増加は止むを得ません。

バランスを計って錘で調整します。グラスはなるべく丁寧に削り取ります。ほんの少し段差が出来ますがここはパテで整形します。

 E12_3 E12_5

裏側も結構丈夫にになりましたが重量増加が気になりますね。フロートを取り付けるだけかと思っていたのですがこのように主翼が壊れていたのは番外地。

フロートを取り付ける台もベニヤの5ミリですから重くなるものばかりです。ついでにタイヤカップも埋めてしまわなくてはなりませんね。

ふつう陸上機を水上機に改造する時、ほとんど胴体の下に枕をかってピアノ線で連結すれば機体はいじらなくて済みますから簡単です。

ここまで改造する人はほとんどいないでしょう。しかし手間をかけて改造すれば飛行は良くなるはずです。

 E12_7 E12_8

タイヤカップを埋めたあとはこんな感じになります。2ミリバルサで塞いだだけです。このメインギャの取り付け位置にフロートの支柱を立てますがこの位置だとチョット股開きになってしまいます。

そこでなるべくフロート幅を目一杯狭く取りたいのでぎりぎりのところに取り付ける予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月31日 (水)

フロートの製作取り付け--3

  D6_18 D6_17

さて、フロートの取り付けがまだ済んでいません。主翼を預かってから半月がたってしまいました。改めてみて見てみると結構ひどい傷です。

地面に置いた主翼を誤って踏んづけてしまったようです。従って両面が破損。急場しのぎで透明のテープを貼り付けて使っていたのでしょうか。

修理のため剥がそうとしましたが剥がせなくて大弱り、剥がした後は糊が残りアルコールでも剥れません。

 D6_13 D6_16

全部テープを剥がして主翼に圧力を加えてみるとサーボボックス付近を軸に僅かに上下に動きます。

もしこのままフロートを取り付けて塗ってしまうと着水時や飛行中に主翼が分解しかねません。ここはチョット大変でも主翼を削り取ってグラスを貼ることにしました。

感じとしてはスパーは損傷されていないようです。主翼のしなりはスパーで持っているのでしょう。そうと決れば早速仕事に取り掛かります。

 E9 E9_1

先ず主翼の傷に合わせてグラスを切ります。その前に傷口の付を良くするために傷口に沿って表面を削り取ります。

ここは傷が付く程度にしてあまり深く削らないようにしました。グラスを極限まで小さく貼るためです。

 E9_2 E9_3

裏側もこんな感じです。踏みつけた箇所はこの辺りでしょう。結構痛んでいます。グラスを貼ると同時にメインギヤーの穴も塞いでしまいます。

主翼が重くなるのは覚悟の上です。出来るだけ削り取って被害を少なくする努力をします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)