ZIGEN・SM製作

2007年11月16日 (金)

さてこちらSMはどうなったかな

087

こちらSMも完成しています。2機並べて全体写真を撮らないと違いが分かりませんがSMの方は重量オーバーでしょう、胴体の形状は比較にならないほど太いです、太くして重量を減らすことはプロでもなかなか出来ません。

 079                 082                   077                 078

先ず胴体がペリーパン付で1270グラム、主翼が720グラム合計1990グラムです。なんともぎりぎりセーフと言ったところでしょうか。2キロは何とか超えずに済みましたがまぁ2キロと言ったところでしょう、後は塗装の技術にお願いして飛行範囲に納めていただくしか方法はありません。なんとも難しい話になってきました。

考えてみるとZIGENの初期タイプは生地完成2キロ超えは普通でしたからそれから見ればややましかな~と思います。今はエンジンパワーがありますから飛行にはさほど影響ないかも知れませんね。まあそう考えましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デジカメが帰ってきました。

076 本日デジカメが修理を終わって帰ってきました。すっかり調子を取り戻し又当分使えそうです。

その間主翼の製作は完了しており取り付けも終了しました。本日仕上げの細かいすり合わせをやりました。後残っている作業は固定脚の取り付けとスパッツの製作です。

まあこれは今すぐ必要なものではないのでゆっくりやりましょう。

この画像はZIGEN.ACEを組み立てたところです。

 081                     083              090                 091

肝心なのは重量ですが胴体、ペリーパン付で1190グラム、主翼740グラム、合計1930グラムで仕上がりました。この体重は前回のsuparACEと、ほとんど同じ目方になりました。バルサを吟味すれば1900~2000グラム以内で完成できることが分かりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 7日 (水)

デジカメ故障

デジカメが故障しました。066

デジカメが故障しました。今度で2回目です。私のように1台のカメラを毎週土日に使っていたら壊れる頻度も高くなりますね。修理には多分1週間はかかるでしょうから早くて18日ごろですか、今丁度エルロンを取り付けようとしているところです。これがデジカメ最後の画像です。

067

069

エルロンは4本出来上がりました。いよいよ取り付け開始。

070

ガレージで作業していると前を通る人から「でっかい飛行機ですね~」なんて言われるのがちょっと嫌ですが、バルサの粉が飛ぶのでやはり外の方がいいのですが。ここまでの作業が終われば後は家の中でも出来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 5日 (月)

主翼のプランク完了

 010

主翼のプランクが終わりました、この時点で軽くサンデングしておきます。

013

この後エルロンの取り付けをやり胴体に合わせることになりますが、ここからの作業は結構時間がかかりますね、現物合わせなのでレーザーキットのようにピタピタ合いませんからむしろここからが本番です。この時点で重量を計って見ますと484グラムと481グラムでした。

 064                  065

キッチン量りなので2キロまでしか計れませんが軽いものは1グラムから計れます。主翼を横に立てて計ったところです。倒れそうで危ない危ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 2日 (金)

主翼のプランク

008

プランク材の繋ぎと磨きが終わってプランクを始めます。一度に8枚のプランク材をつなぐのは大変です、この作業は接着剤に何を使うかで変わってきますが、本当はセメダインか木工用のボンドで研磨のできるものがいいのですが、私はあえてGREATPLANESのPRO、CA低粘度瞬間を使っています。この瞬間はとても接着力が強く接着後すぐにはみ出しをウエスで拭き取るとペーパーをかけることが出来ます。外国のタワーホビーと言うところから友人に輸入してもらっています。

Photo

グリーンの文字が低粘度、イエローの文字が中粘度、いずれも2オンス入りなのでたっぷり使えます。このほか高粘度がありますが私は使っていません。中粘度はバルサとベニヤの接着も出来ます。今では飛行機作りに欠かせない接着剤です。ただし接着の時にでる有毒ガスには充分対策が必要です。

004_2     

先ず裏からプランクを始めます。プランクをするに当たってプランク材を磨いた後は必ずよく絞った雑巾でバルサの粉を拭き取り、リブ付が悪くならないように対処します。片面は瞬間で接着する人もいますが私はすべて木工ボンド(速乾性)で接着しています。木工ボンドを水で少し伸ばし幅広の刷毛でリブ1枚1枚に確実に塗ってからゴム止めをしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木)

主翼の接着

 002

左右の主翼をつなぎます。一般的には片翼づつ作ってプランクが終わった時点で接着しますが、私の作り方は昔ながらの方法で主翼をつないでからプランクをします。

正確に作るには片翼づつのほうがいいのですが、真ん中でつなぐのがどうも私は苦手なのです、先ず上反角が上手く付けられません。又リブとリブのあわせが平らに出来ないんですよ、その為にこのやり方をいまだに続けています。(o^v^o)>

003

2枚の主翼のつなぎが終わりましたのでいよいよプランクします。その前に2ミリのバルサを繋がなくてはなりませんが、何しろ900×80のバルサをつなぐには1枚の主翼で21枚も使います。と言うのは結構バルサは歪んでいてその歪み部分を切り落として直線を出し、又900ではちょっと長さが足りず付け足しをしますので思ったよりバルサの枚数がいりますね。

更につないだ後はペーパーで平らに研ぎます、その作業が完成してからでないと貼ることが出来ません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月24日 (水)

主翼はまだまだ進んでません。

 Photo

主翼は骨組みのままいまだに手をつけていません。今週はなんだか野暮用が多くて何も出来ません。明日からは水上機遠征の準備に入るし、デジカメは故障してしまうしさっぱりですわ、

 そんなこんなで今日は目玉の手術をしてきました。右目の眼圧が高くなり(26)このまま放置できないので、レーザー手術で目玉の修理、・・・・・・昔なら3日間は入院だそうです。しかし凄い先生で手術は3分ぐらいで終り、今日はちょっとおとなしくしています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月16日 (火)

ACEとSMのラダー

 047jpg_2

ACEとSM のラダーを並べてみました。かなり違いが分かります。ACEのラダーは高さは300ミリですが幅は160もあります。一方SMの方は高さが350mm幅は140です。傾斜も強くなっていますので見た目はかなり違ってきます。

046054                  

2機並べてみるとスタイルがこんなに違います。SMの方は風の影響をを受けやすい気がします。キャノピーとペリーパンはまだ取り付けてませんがキャノピーの取り付け位置はこの位置になります。

049

055

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

太とぉ~~い胴体

 001                                 

いや~~太い胴体になってしまいました。垂直尾翼の立ち上がり箇所の上下の高さは22センチになっています。この下に更にフイレットを付けると言うのですが、どうしよう。

ここまでの重量は740g、出来上がり予想重量は1k以内には納まらないかもしれません。なんだか恐ろしい機体になってきました。

 003

2本並べてみると如何に太いか良く分かります。手前がACE、重量は同じ工程で640g、SMより100グラムも軽いです。ACEの出来上がり重量は900グラム弱の予想ですから後260グラムは増加します。SMの方は後300グラムは確実に増えると思います。予想は1.040g、どうしよう・・・・・・・ヾ(◎_◎)ゲゲッ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 4日 (木)

水平尾翼のプランク

 008_2                      009            

水平尾翼はZIGEN.ACEよりはだいぶ細くなりました、プランク冶具にあてはめてみると翼端が空いているのが良く分かります。プランク前なので感じがつかめませんが、プランクしてみたらもう少し分かりやすい画像になると思います。

 010                     011             

左はプランク材を当ててみたところです。右は現在プランク中、涼しくなって動きやすくなったにもかかわらず作業は中々進みません、これは年のせいかな。

                                  

| | コメント (0) | トラックバック (0)